プラセンタサプリの賢い選び方

プラセンタサプリの賢い選び方[プラセンタ博士]

MENU

プラセンタサプリの賢い選び方

プラセンタは美容成分としてはコラーゲンやヒアルロン酸さえ上回る人気をもちます。
その人気の秘密はやはり、確実に現れる効果と、続けやすいという点が挙げられます。

 

プラセンタには代謝機能の落ちた細胞を再び蘇らせる成長因子が含まれているので、コラーゲンやヒアルロン酸よりも高い美肌効果が得られ、サプリメントで手軽に摂取できるので年々利用者数が増加しています。

 

それでは賢いプラセンタ選びができるように、プラセンタ商品の中でも人気の高いプラセンタサプリメントを選ぶ際のポイントを紹介していくことにしましょう。

 

原料から選ぶ

 

一口にプラセンタといっても、現在販売されているサプリメントに使用されているプラセンタ原料は馬、豚、羊の3つのものがあります。

 

羊は海外製のみとなるので、現在販売されている日本製のプラセンタは馬と豚だけということになります。一般的には豚を原料としたものが多いのですが、プラセンタの質としては馬のほうが優れていると言われています。

 

豚は多産のために、出産後の胎盤は酷使された状態となっています。
しかし馬の場合は人間と同じように単産なので、出産後の胎盤は余力を残した状態です。

 

ですから豚よりも馬を原料としたプラセンタの方が豊富な有効成分を抽出することができ、高品質のプラセンタとなるわけです。

 

抽出方法

 

高品質なプラセンタを作るには、胎盤から有効成分を抽出する方法が大きく影響してきます。
原料の状態が良くても抽出時に有効成分が破壊されては、高品質なプラセンタにはなりません。

 

現在は、酵素分解法、培養細胞法、凍結融解法、凍結酵素抽出法、加水分解法、分子分画法など様々な抽出法があります。

 

この中でも有効成分を破壊せず、高品質なエキスを抽出できる方法として多く利用されているのが酵素分解法です。抽出方法はパッケージに記載されているので、どんな抽出法をとっているのか確認するようにしましょう。

 

重要成分の含有量は?

 

プラセンタはそれ自体の配合量が重要と思われている人が多いようですが、それは大きな間違いです。たとえ大量のプラセンタが配合されていたとしても、プラセンタに含まれる有効成分が抽出時に破壊されて少なければ何の意味もありません。

 

プラセンタはそれ自体よりも有効成分の含有量が重要なのです。

 

ですからまずは、先程説明した抽出方法を確認した上でプラセンタの配合量を確認するようにしましょう。有効成分の含有量を記載した商品はないので、抽出方法と配合量で含有量が高いか低いかを判断するのです。

 

配合量が多くて、抽出方法がよければ多くの含有量を含む良質なプラセンタということになります。
何が良いか分からないという方は博士のオススメプラセンタを選べば間違いなしです。