プラセンタの効果・効能は様々

プラセンタの効果・効能は様々[プラセンタ博士]

MENU

プラセンタの効果・効能は様々

プラセンタといえば驚きの美容成分という認識が定着してしまっていますが、プラセンタが発揮する効果は何も美容面に限った事ではありません。

 

それではプラセンタにはどのような効果があるのか詳しく説明していくことにしましょう。

 

更年期障害の緩和

 

プラセンタの効果として知られているのが更年期障害の緩和作用です。

 

更年期障害は加齢によっておこる卵巣機能の低下が原因となって、女性ホルモンの分泌量が減少することによって引き起こされます。

 

女性ホルモンの減少はホルモンバランスや自律神経のバランスを崩していまい、頭痛やめまい、イラつき、不安感、肩こり、腰痛など様々な症状を引き起こします。

 

プラセンタには機能低下した卵巣の働きを活発化させる作用があります。

 

卵巣が正常な活動を取り戻せば、女性ホルモンの分泌が正しく行われるようになるので、ホルモンや自律神経のバランスも自ずと元に戻るというわけです。

 

実際に更年期障害の治療法として病院でプラセンタ注射が行われており、今では更年期障害治療の一つとして広く行われています。

 

アレルギー症状の緩和

 

アトピーや花粉症に代表されるアレルギー疾患ですが、プラセンタに含まれるビタミンDやオメガ3系多価不飽和脂肪酸、ガングリオシド、コンドロイチン硫酸などの免疫抑制物質が過剰に働く免疫活動を抑制し、免疫機能を正常化する免疫賦活作用とで過剰なアレルギー反応を防ぎます。

 

赤ちゃんを無事成長させるための胎盤にある免疫機能が効果を発揮するというわけです。

 

ステロイドなどの副作用がある治療方法と比べて、全く副作用のないプラセンタの治療は新しいアレルギー治療法として多くの人に注目されています。

 

肝障害の改善

 

肝炎や肝硬変に代表される肝障害は、肝臓の炎症が原因となります。

 

特にアルコールが原因となる場合は大量発生する活性酵素が炎症を引き起こすのですが、プラセンタの抗炎症作用と活性酵素除去作用の2つが働き、肝障害を改善します。

 

肝障害は活性酵素の大量発生が原因ですから、その活性酵素を除去するプラセンタの働きは大きな効果を発揮するというわけです。

 

滋養強壮・虚弱体質改善

 

日常的なストレスや不規則な食生活で現代人は疲れやすいとか栄養不足という状態の人が多くいます。毎日何千円もする高価な栄養ドリンクが欠かせないという人も少なくないでしょう。

 

そんな方にはプラセンタがおススメです。

 

プラセンタは小さな受精卵を赤ちゃんにまで育て上げるほどの豊富な栄養素を含んでいます。

 

不足した栄養の補給も可能ですし、代謝を高めて元気な体を取り戻すことができるので、驚くような滋養強壮・虚弱体質改善効果を発揮するというわけです。