動物性プラセンタと植物性プラセンタの違いとは?

動物性プラセンタと植物性プラセンタの違いとは?[プラセンタ博士]

MENU

動物性プラセンタと植物性プラセンタの違いとは?

現在はプラセンタを配合した様々な商品が販売されていますが、最近よく目にするのが植物性プラセンタです。

 

プラセンタについてよく理解していない人は、別に不思議に思うことはないかと思いますが、チャンと理解している人はきっと「えっ?」という疑問を持つことでしょう。

 

プラセンタが各方面で人気となっている1番の理由は、プラセンタだけにしかない成長因子が含まれているからです。しかし、この成長因子は動物由来のプラセンタにしか含まれておらず、植物性プラセンタにはこの成長因子が含まれていないのです。

 

これはプラセンタの効果を期待して利用する場合には、決して見逃すことのできないポイントですよね。現在は植物性プラセンタの商品も様々なものが販売されており、多くの人が利用しています。

 

しかし、この点をチャンと理解しておかなければ、期待した効果は得ることはできなくなるのです。

 

それでは、一般的にプラセンタと呼ばれる動物性プラセンタとの違いをハッキリと理解してもらうためにも、植物性プラセンタについて詳しく説明していくことにしましょう。

 

植物性プラセンタとは?

 

プラセンタとは英語で、日本語に訳すと胎盤という意味になります。

 

しかしプラセンタには植物の胚芽の意味も持ち合わせているので、植物性プラセンタという表記は嘘でも偽りでもないのです。しかしよく理解してもらいたいのは、植物には胎盤はなく、よって胎盤に含まれている成長因子も当然含まれていないという点です。

 

プラセンタが人気となったのも、この成長因子が代謝の悪くなった細胞に働きかけて、細胞の入れ替わりを促進するところにあります。

 

肌で言えば肌細胞を活性化させてターンオーバーを促進し、キレイでハリのある肌を取り戻すことができるというわけです。しかし、植物性プラセンタには成長因子が含まれていないので、この効果は全く期待できないということになります。

 

動物性プラセンタに含まれる成分には成長因子の他にも、豊富な栄養素があります。

 

この点に関しては植物性プラセンタも豊富な栄養素を含んでいるので、栄養補給という点では動物性プラセンタと同じ効果を得ることができるでしょう。

 

またアミノ酸やコラーゲンなどの美容には欠かせない成分が豊富に含まれるだけでなく、女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンも含まれているので、美容の為の栄養補給という点においてはおススメできる商品と言えます。

 

しかし利用に当たっては、一般的に認知されているプラセンタの成長因子がもたらす驚きの効果はないということをしっかりと理解して、目的に照らし合わせた利用を行う必要があるということですね。特別に何か理由がない限りは、馬や豚などの動物性プラセンタを選ぶのが良いでしょう。