プラセンタに含まれる必須アミノ酸とは?

プラセンタに含まれる必須アミノ酸とは?[プラセンタ博士]

MENU

プラセンタに含まれる必須アミノ酸とは?

プラセンタには豊富な栄養素が含まれていますが、その中でも最も注目されているのがアミノ酸です。私たちの体は80パーセントが水分でできていると言われていますが、残り20パーセントを占めるのがこのアミノ酸なのです。

 

アミノ酸は体内で生成されるのですが、その元となるのがタンパク質です。食事によって体内に取り込まれたタンパク質は、消化される際にアミノ酸に分解されます。

 

その後、筋肉や皮膚、血液などを生成する際に再びタンパク質に作り替えられるというわけです。

 

この体を作っていると言っても過言ではないアミノ酸ですが、その数は20種類しかなく、この20種類のアミノ酸が組み合わせを変えることで、身体の各器官で必要とされる様々なタンパク質を作り上げているのです。

 

この20種類のアミノ酸は、非必須アミノ酸と必須アミノ酸の2つに分けることができます。

 

20種のうちの11種が体内で生成することのできるアミノ酸で非必須アミノ酸と呼ばれ、残り9種の生成することのできないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。

 

つまりこの必須アミノ酸は食物摂取によってしか補うことのできないアミノ酸というわけなのです。

 

必須アミノ酸は健康な身体を維持していく上で、必要不可欠なものですから、食生活の乱れから摂取量が不足していまえば低栄養状態や、肌荒れなどの症状を引き起こすこととなります。

 

ですからプラセンタが肌改善の他に滋養強壮や栄養補給に優れていると言われるのも、豊富な必須アミノ酸が含まれているからなのです。

 

必須アミノ酸の働き

 

必須アミノ酸には下記の9つがあり、次のような働きをしています。

 

・バリン

 

筋肉を作るタンパク質の主成分です。

 

血中の窒素バランスの調整作用も発揮します。

 

・リジン

 

抗体やホルモン、酵素の合成に使用されます。

 

他にもタンパク質やカルシウムの吸収促進や糖の代謝促進という身体が成長する上で重要な働きを担っています。

 

主食であるご飯やパンでは少量しか摂取できないために、最も不足傾向にあるアミノ酸です

 

・ヒスチジン

 

白血球の生成を促進して免疫を高めるだけでなく、成長に大きく関わるので幼年期の成長には欠かせないアミノ酸です。

 

・ロイシン

 

肝機能増強に大きな作用があります。

 

・メチオニン

 

鉛や水銀など体内に有害なものと結合して体外排出し、肝機能の調整に大きく関与しています。ですから、このアミン酸が不足すると肝機能の衰えが現れます。

 

・トリプトファン

 

脳内で神経伝達物質のセロトニンを形成するでけでなく、分解されてエネルギー源として利用されます。

 

・スレオニン

 

胃液の分泌促進、及び小腸活動を活発化して消化吸収を向上します。

 

・フェニルアラニン

 

甲状腺ホルモンの分泌を促進して精神を安定させます。

 

・イソロイシン

 

真皮層のエラスチンに多く含まれるアミノ酸で、保湿効果を発揮します。