プラセンタの効果〜自律神経を整える・うつ症状の緩和

プラセンタの効果〜自律神経を整える・うつ症状の緩和[プラセンタ博士]

MENU

プラセンタの効果〜自律神経を整える・うつ症状の緩和

うつ病は重度、軽度にかかわらず現代人の多くが悩まされており、今では現代病のひとつとも言われています。

 

うつ病を引き起こす原因には様々なものがあるのですが、その中でも近年多くなってきているのが女性のホルモンバラ
ンスの乱れによるものです。

 

女性は産後や更年期にうつ病患者が多く発生しますが、これも女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が減少
してしまうことが原因です。

 

それに最近は女性のホルモンバランスの乱れだけでなく、これと似たような症状がホルモンバランスの影響を受けにく
いと考えられていた男性にも多く発生するようになってきました。

 

女性だけの症状と考えられていた更年期も、最近では男性ホルモンの分泌が減少する40代以降の男性にも現れるように
なり、女性の場合と同じようにホルモンバランスの乱れによってうつ病を発症するケースが増加してきているのです。

 

それではなんでホルモンバランスの乱れがうつ病の要因とも言える自律神経の乱れを引き起こしてしまうのでしょうか?

 

それは、ホルモン分泌と自律神経バランスのがコントロールが同じ大脳の視床下部で行われているからです。

 

男性よりも女性に自律神経失調賞患者が多いのも、ホルモンバランスが乱れることが多いからなのです。

 

現在は、自律神経やうつの治療としては投薬治療が行われています。

 

しかし、投薬では体に耐性ができてしまうため、徐々に強い薬を使用しなければならなくなる危険性が伴います。

 

そこでおススメしたいのがプラセンタなのです。

 

 

■プラセンタの緩和作用 

 

プラセンタには自律神経調整作用とホルモン分泌調整作用、抗ストレス作用と、自律神経を乱すこととなる原因に直接
働きかける作用があります。

 

ホルモンバランスが整えられることで自ずと自律神経の安定が図れるので、自律神経の乱れによる精神症状を改善する
ことができます。

 

またうつ病に対しても自律神経の安定化が図れることによって、うつ病に大きな影響を及ぼすセロトニンの分泌も自然
と調整されるので緩和作用や改善作用が期待できるというわけです。

 

プラセンタは医薬品ではありません。

 

このことが自律神経失調症やうつ病の治療には大きなメリットとなります。

 

先ほど言ったように一般的な投薬治療では体に耐性ができるために、強い薬が必要となっていきます。

 

しかしプラセンタの場合、医薬品ではないために耐性ができてしまうこともなく、副作用も気にせずに安心して使用す
ることができます。

 

現在病院では、更年期障害が引き起こす自律神経失調症やうつ病にはプラセンタ治療を施すケースも多くなってきてい
ます。

 

まだプラセンタ治療を受けたことがないという人は、一度医師に相談してみるのもいいかもしれませんね。