馬プラセンタvs豚プラセンタ!どっちが良い?

馬プラセンタvs豚プラセンタ!どっちが良い?[プラセンタ博士]

MENU

馬プラセンタvs豚プラセンタ!どっちが良い?

日本で販売されているプラセンタ商品にはサプリメントにドリンク剤、そして化粧品など様々なものがあります。

 

しかし、皆さんはその原料は何か知っていますか?

 

現在市販されているプラセンタ商品には動物由来の原料が使用されていますが、代表的な原料としては豚、馬、羊の3
つになります。

 

日本では羊を原料としたプラセンタ商品の製造が禁止されているために、現状日本国内で製造販売されているのは豚も
しくは馬を原料とした2つとなるわけです。

 

日本においては飼育数に余裕がることと、価格が安いこともあって、最初のプラセンタ商品には豚を原料としたものが
販売されました。

 

その後、プラセンタの効果が多くの人に認められ、豚を原料とした様々なプラセンタ商品が販売されるようになります。

 

しかし近年は馬を原料としたプラセンタも販売されるようになり、多くの馬プラセンタ商品も販売されるようになった
というわけです。

 

ですから現在、日本製のプラセンタ商品を購入する際には豚か馬のどちらかになるわけですが、これってどちらを選ん
だ方がいいのでしょうか?

 

せっかくプラセンタを使用するのですから、できるなら効果が高い方を選びたいと考えるのは当然の話ですよね。

 

それでは豚プラセンタと馬プラセンタにはどのような違いがあるのかを詳しく見ていくことにしましょう。

 

 

■品質はどっちがいいの? 

 

できるだけプラセンタ効果を実感するには、高品質なものを利用することが前提になります。

 

ですから同じ原料でもプラセンタの抽出法や飼育環境などが重要視されているわけです。

 

そこで豚と馬ではプラセンタ本来のもつ品質はどう違うのでしょう。

 

はっきりと言ってしまえば品質差を問うならば、圧倒的に馬プラセンタの勝ちです。

 

というのも馬は一度の出産で一頭というのが一般的ですが、豚の場合は十頭前後と多産傾向にあります。

 

ですから出産後の豚の胎盤はくたびれた状態なのに対し、馬の胎盤は十分な余力を残した高品質な状態なのです。

 

これだけでもプラセンタの品質に大きな差が出るのはお分かりかと思います。

 

そしてもう一点見逃せないのが、馬プラセンタには豚プラセンタには含まれない必須アミノ酸が多く含まれている点で
す。

 

必須アミノ酸は体内では生成されない貴重な栄養素ですから、栄養価の面でも圧倒的に優位だということになるのです。

 

 

以上のようにプラセンタの品質を求めるのならば圧倒的に馬プラセンタがおススメです。

 

しかしプラセンタは決して安い商品ではない上に、馬プラセンタは豚プラセンタよりも価格が高いというデメリットが
あります。

 

しかしこの点は、利用する人の考え方一つです。

 

品質優先かコスト優先かをよく考えて、どちらを使用するかを考えなければなりませんね。