美容クリニックでも使われるプラセンタ!種類と価格は?

美容クリニックでも使われるプラセンタ!種類と価格は?[プラセンタ博士]

MENU

美容クリニックでも使われるプラセンタ!種類と価格は?

最近は美容クリニックや美容整形外科で受けることができるプラセンタの注射や点滴のプラセンタ療法が、一般病院
の皮膚科や内科で行うことができるようになりました。

 

プラセンタ療法のメリットは何といっても市販されているプラセンタ商品よりも即効性があるという点です。

 

そしてプラセンタ療法に用いられる原料は市販の動物由来のものとは違い、ヒト由来のものが使用されているという
点も見逃すことはできません。

 

プラセンタの有効成分は動物由来のものでも大きな効果を発揮することは証明されていますが、やはり動物とヒトの
違いで若干のミスマッチが発生することは否めません。

 

ですから摂取したプラセンタを確実に利用できるかという点においては、同じヒト由来のものの方が確実に高いマッチ
ングを期待することができると言うわけです。

 

それでは医療機関で使用されているプラセンタについて詳しく説明していくことにしましょう。

 

 

■プラセンタの種類は2つ 

 

現在、医療機関で使用されているプラセンタはラエンネックとメルスモンの2つです。

 

この2つの違いはプラセンタ成分の抽出方法が異なるという点ですが、同じヒト由来の胎盤を使用している点では同じ
ものと考えてOKです。

 

しかし更年期障害や肝障害の治療に用いられる場合は、使い分けがされています。

 

これは抽出方法によって生まれるプラセンタ品質の若干の差を考慮してのことのようです。

 

ですが美容目的のために使用される場合には、治療時のように使い分けはされておらず、自由に選ぶことができます。

 

ヒトプラセンタは正常分娩した妊婦の胎盤を厳重に検査した上、問題がないと判断されたものだけが原料として使用さ
れています。

 

ですから万全の安全性が約束されているわけですが、プラセンタ療法を受けると以降の献血は断られることになります。

 

これは感染症を防ぐための処置で、決してプラセンタ療法によって何らかの被害が人体に発生したというわけではあり
ません。

 

しかし、献血できないという行為が将来的にリスクとなる場合も考えられるので、受ける際には十分考慮する必要があ
るでしょう。

 

■プラセンタの価格 

 

美容目的のためにプラセンタ療法を受ける場合は、保険適用外となります。

 

ですから完全な自由診療となるために、プラセンタ療法を受ける先によって価格が大きく変わってきます。

 

1回毎の価格設定を行っているところがほとんどですが、美容に特化したクリニックでは複数回のまとめ買いをすれば割
引が適用されるなどのサービスを行っているところも多くあります。

 

市販のサプリメントなどと比べると高額になるプラセンタ療法ですから、価格面に関しては色々と調べてできるだけリー
ズナブルな設定を行っているところを探すようにしましょう。