プラセンタ療法について

プラセンタ療法について[プラセンタ博士]

MENU

プラセンタ療法について

プラセンタをサプリメントなどで利用している人は多いかと思いますが、そのサプリメントよりもより大きな効果を
生み出すことができるのがプラセンタ療法です。

 

プラセンタ療法はヒト由来のプラセンタを注射や点滴で体内に供給するもので、日本では医療行為とみなされている
ため、医師のいるクリニックや病院のみでしか受けることができません。

 

プラセンタ療法は更年期障害や肝障害の治療法として以前から利用されていました。

 

しかし近年はプラセンタは容医療を行っている美容皮膚科や美容外科でプラセンタ注射や点滴が受けれるようになっ
ているので、病気治療の目的以外にもプラセンタ療法を受ける人が増加してきました。

 

 

■プラセンタ療法は医療行為 

 

プラセンタ療法は病気治療、美容改善に関係なく医療行為とされています。

 

ですから、医師の手によってでないとプラセンタ療法を受けることはできないのです。

 

そこで医療行為と聞いてピンときた人はいませんか?

 

そうです医療行為ならば保険適用ができるんじゃないかという点です。

 

保険適用が受けれるならば、サプリメントよりも効果が高いと言われているプラセンタ療法を受けない手はありません
よね。

 

しかし残念なのですが、現在保険適用できるプラセンタ療法は病気治療のごく一部のものだけです。

 

プラセンタには生理痛や生理不順、アトピー性皮膚炎、喘息、関節リウマチ、うつ病、滋養強壮、腰痛、肩こりなど本
当に多くの症状に効果があるのですが、保険適用が認められているのは、

 

・肝炎や肝硬変なのど肝障害の治療

 

・更年期障害の治療

 

・乳汁分泌不全の治療

 

の3つだけなのです。

 

更年期障害が原因で発症した自律神経失調症のように例外で保険適用が認められている場合もありますが、基本的には
この3つ以外でプラセンタ療法を受ける場合は自費診療となるのです。

 

ですから当然、美容目的で美容皮膚科や美容外科でプラセンタ注射や点滴を受ける場合は全額自己負担と言うことにな
ります。

 

しかし、自費診療といってもプラセンタ注射は1回保険適用で500円ほどですから、自費診療といっても1500円から2000
円くらいのものです。

 

エステに通うことを考えれば断然安く上がるので、自費診療といっても負担とならない人は是非受けるだけの価値はあ
ると言えるでしょう。 

 

 

プラセンタ注射の内容物は全国どのクリニックや病院で受けたとしてもすべて同じものです。

 

しかし、美容目的で受ける場合は各美容皮膚科や美容外科で価格が変わってきているようなので、できるだけ値引きの
あるところで診療を受けることをおススメします。