プラセンタ埋没法って?

プラセンタ埋没法って?[プラセンタ博士]

MENU

プラセンタ埋没法って?

プラセンタを用いた美容改善といえばサプリメントにドリンク剤、プラセンタ注射や点滴が一般的ですが、これ以外に
も「プラセンタ埋没法」という方法があります。

 

プラセンタ埋没法という名称はプラセンタに詳しい人でもそんなに馴染みがあるものではなかと思いますが、この方法
は日本でも昭和20年代から肝機能障害や更年期障害の治療法として使われていたもので、最近出てきた新しいものでは
ないのです。

 

埋没法と言われても想像は付きませんが、何だかサプリメントや駐車のような簡単なものではなく、チョッと怖い感じ
もしますよね。

 

しかしこのプラセンタ埋没法は数あるプラセンタを用いた美容改善法の中でも最も効果の高い最上級のプラセンタ治療
と言われているのです。

 

 

■プラセンタ埋没法って? 

 

プラセンタ埋没法とはその名のとおり、プラセンタを皮下組織に直接埋め込む治療法です。

 

プラセンタといっても皮下組織に埋め込む用に準備された胎盤組織を埋め込みます。

 

その分肌への吸収性がいいので、効果が高いと言われている注射や点滴よりもさらに高い効果が得られるというわけです。

 

現在はこの方法を実施する医療機関も限られてきましたが、以前には肝機能障害や更年期障害の治療法として用いられる
ことが多かったようです。

 

その効果も1ヶ月から3ヶ月という長い持続時間を誇るので、本当にプラセンタ治療の中では最強の方法と言えるでしょう。

 

しかしプラセンタ埋没法の場合、埋め込むという術式のために局所に数ミリのキズが残ってしまいます。

 

ですから顔などの目立った場所ではこの方法が取られることが少ないようです。

 

しかし最近は医療技術の進化もあり傷を残さずに行うことも可能とも言われています。

 

しかし、この点に関しては完全ではないので、試してみたいという人は事前に医師との相談をしっかりすることをおススメ
します。

 

■埋没法の実施先はごくわずか・・・ 

 

プラセンタ最強の治療法とされている埋没法ですが、使用する胎盤の処理に最新技術を完備する必要があることと、専用ス
タッフがかかるなど医療施設に大掛かりな設備投資が必要となってくるので、行うにしても医療施設に大きな負担がかかっ
てきます。

 

その上、手術日に合わせた胎盤の確保という大きなデメリットがあるので、全ての医療施設で埋没法が受けれるというわけ
ではありません。

 

現在埋没法を受けれる施設は全国で100ほどと言われています。

 

ですから受けてみたいという人は、まずは埋没法が行われているかどうかを確認するようにしてください。