プラセンタ注射(点滴)の効果はどのくらい持続する

プラセンタ注射(点滴)の効果はどのくらい持続する[プラセンタ博士]

MENU

プラセンタ注射(点滴)の効果はどのくらい持続する

プラセンタサプリメントを利用している人たちが必ず考えるのがプラセンタ注射や点滴へのシフトです。

 

プラセンタ注射や点滴のプラセンタ療法は、市販されているプラセンタ商品よりも大きな効果が期待できると言われて
います。

 

ですから、更なる効果を期待してプラセンタ療法へのシフトを必ず考えるのです。

 

しかし、プラセンタ療法は保険適用外の医療行為に当たるために、現在利用しているプアセンタ商品よりも費用が高く
なるというデメリットが出てきます。

 

ですから、プラセンタ注射や点滴の効果はどれくらい持続するかにプラセンタ療法を受けてみようという点に人の関心
が集まるわけです。

 

プラセンタ商品だと自宅で毎日摂取することができます。

 

しかしプラセンタ療法の場合は毎日ではないので、どれくらいの間隔で通院すればいいのかが問題になってきます。

 

この間隔が短ければ短いほど費用負担は多くなるので、この点は大きな関心ポイントになるのは仕方がないことですよ
ね。

 

それではそんな心配に応えるためにも、プラセンタ注射とプラセンタ点滴はどれくらいの効果があるのかを見ていくこ
とにしましょう。

 

 

■プラセンタ注射の効果持続は? 

 

プラセンタ注射の1回の持続時間はだいたい2日から3日と言われています。

 

ですから通院のタイミングとしてベストなのは1週間に2回の頻度がおススメです。

 

しかし、継続して通信していればこの持続時間は長くなっていきます。

 

ですから、頃合を計らって次に段階では1週間に1回の通院で問題なくなると言われています。

 

そして最終的には2週間に1回の通院回数に落ち着くでしょう。

 

プラセンタは注入されるたびに活動の衰えた細胞が活性化していき、常な活動へと変化していきます。

 

ですから通院していく中でだんだんと本来の細胞の活動が行われるようになり、プラセンタの力を借りなくても活動
できるようになるというわけです。

 

■プラセンタ点滴の効果持続は? 

 

プラセンタ点滴はプラセンタ注射に比べ即効性がありますが、直接血中に注入するために体外に排出されるのが早く
効果持続がプラセンタ注射よりも短いといデメリットがあります。

 

ですから、プラセンタ注射よりも通院回数は多くなると考えた方がいいでしょう。

 

しかし、クリニックなどの効果時間をを調べてみると週に3回というところもあれば、1回のの通院でOKというところ
もあり、この辺は医師の判断次第という傾向があるようです。

 

これはプラセンタ注射の効果時間を考えると「?」となってしまうところですが、この点はプラセンタ点滴を受ける
際に、担当医にチャンと説明を求める必要があるところですね。

 

しかし、普通に考えればプラセンタ注射よりも時速時間は短いと考えておいた方が無難なことに間違いはありません。